帝幻エモポイント2022

この記事は、5月に公開・発行した帝幻の新刊「この場所で君と」のあとがき兼、現時点でのわたしの帝幻観総まとめみたいな感じになっています。

ということで、当然ながら新刊のネタバレ、現時点までの公式最新シナリオまでのネタバレ(基本は百瀬脚本ドラマトラックとコミカライズ、たまにARBとか他媒体・他脚本シナリオも)がゴロゴロしていますので、これより先は上記の新刊をすでに読んでくれていて、さらにあとがきも読みたいよって人、もしくは、漫画のほうはあんまり読むつもり無いけど文章での萌え語りなら読んでやろうじゃねーのっていう人(要は諸々のネタバレが気にならない人)だけ読んでいただけましたら!

というかアホみたいに長いので、もしも読んでやるぜっていう人がいたとしても本当に時間が余って仕方ないみたいなときにテキトーに読んでもらえれば大丈夫です。ほんとに。長さはページネーションの数で察してください。

あとこのサイト見てくれてるような方なら承知の上だと思いますけれど、あくまで「わたしは公式描写のここを勝手に深読みして勝手に萌えを感じているんだよ」をべったらべったらくだ巻いてるだけなので、決して正解ではないですし、強気に主張して他の人が抱いている萌えポイントに干渉するつもりもありません。1

脚注

  1. でもどこかしらでわかりが得られたらそれはとってもうれしい